CV

菅実花

【略歴】
1988 神奈川県横浜市生まれ、愛知県名古屋市育ち
2013-2016 東京芸術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修士課程
2014 吉野石膏美術振興財団在外研修員として シュトゥットガルト美術アカデミー留学
2016- 東京芸術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻博士後期課程

【個展】
2016 The Future Mother(慶応義塾大学日吉キャンパス来往舎)

【グループ展】
2009 DISCOVERY2009(KEY gallery&青樺画廊)
2010 垣間見(SPACE/ANNEX gallery )
2011 牧師か、マフィアか、コスプレか。(TURNER GALLERY)
2012 たゆたううつつ(TURNER GALLERY)
2013 東京藝術大学卒業・修了作品展(東京都美術館)
2013 ソッテン2013東京藝術大学有志卒業制作展(代官山ヒルサイドテラス)
2013 NEW ARTIST 2013(Gallery Jin Projects)
2013 OPEN LAB 01 伊藤俊治研究室(東京芸術大学 学生会館)
2013 ATLAS展(東京芸術大学取手校地)
2015 WIP展(東京芸術大学取手校地)
2015 NEW ARTIST 2015(Gallery Jin Projects)
2016 第64回東京藝術大学卒業・修了作品展(東京芸術大学 芸大美術館)

【アートフェア】
2013 エマージング・ディレクターズ・アートフェアULTRA006 オクトーバー・サイド「Gallery Jin Project」(スパイラルガーデン)

【イベント】
2013 東京藝術大学卒業・修了作品展「ラウンジトーク」(東京都美術館)
2013 東京都美術館 とびらプロジェクト「芸大バトン」(東京都美術館)
2013 マントル第3回(マントル)
2016 東京藝術大学卒業・修了作品展アーティストトーク「芸大さんぽ」(東京都美術館)

【シンポジウム】
2016年9月17日 イメージ&ジェンダー研究会2016年9月研究会シンポジウム「孕む身体表象―その身体は誰のものなのか?」武蔵大学 発表『未来の母としての「妊娠するアンドロイド」をめぐって』
2016年10月27日 “The Future Mother ―妊娠するラブドールを考える”対談 菅実花×小谷真理 慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎1Fシンポジウムスペース

【受賞】
2014  吉野石膏美術振興財団在外研修員
2016 日本文化藝術奨学金

【コレクション】
ピゴッツィ・コレクション

【書籍】
「美術の窓」2016年6月号No.393 p27
「美術手帖」2016年12月号vol.68 No.1046 p72

メディア
NHK・Eテレ『ニッポンのジレンマ』「パクリ?オマージュ?創作のジレンマ」2016年6月26日(日)午前0時30分~1時30分(25日深夜)放送

【ウェブニュース】


Mika Kan

【EDUCATION】
1988 Born in Yokohama,Japan.
1998-2008 Spent in Nagoya.
2013-2016 MFA, Inter Media Art Course, Tokyo University of the Arts
2014 Staatliche Akademie der Bildenden Künste Stuttgart
2016- Ph.D, Inter Media Art Course, Tokyo University of the Arts

【SOLO EXHIBITIONS】
2016 “The Future Mother,”  Hiyoshi Campus, Keio University, Kanagawa

【GROUP EXHIBITIONS】
2009 “DISCOVERY2009,” KEYgallery and seikagarou,Tokyo
2010 “Kaimami,” SPACE/ANNEX gallery,Tokyo
2011 “Priest or Mafia.Or Costume player,” TURNER GALLERY,Tokyo
2012 “Swaing reality,” TURNER GALLERY,Tokyo
2013 “Tokyo University of the Arts Graduation Works Exhibitions,” Tokyo Metropolitan Art Museum, Tokyo
2013 “Graduation Works Exhibition by Interested Students ofTokyo University of the Arts,” Daikanyama Hillside Terrace,Tokyo
2013 “NEW ARTIST 2013,”Gallery Jin Projects,Tokyo
2013 “OPEN LAB 01 Toshiharu Ito laboratory,”Tokyo University of the Arts  Daigakukaikan,Tokyo
2013 “ATLAS Master 1st and Doctor 2nd, Inter Media Art Course, Tokyo University of the Arts,”Tokyo University of the Arts Toride, Ibaraki
2015  “WIP,” Tokyo University of the Arts Toride, Ibaraki
2015 “NEW ARTIST 2015,”Gallery Jin Projects,Tokyo
2016 “64th Tokyo University of the Arts Graduation Works Exhibitions,” The University Art Museum, Tokyo University of the Arts, Tokyo

【ART FAIRS】
2013 “EMARGING DIRECTORS’ ART FAIR 006,Oct.side,from Gallery Jin Project,”Spiral Garden,Tokyo

【EVENTS】
2013 Talk event ”Tokyo University of the Arts Graduation Works Exhibitions,” Tokyo Metropolitan Art Museum, Tokyo
2013 Talk event ”Geidai baton,Tobira Project” Tokyo Metropolitan Art Museum, Tokyo
2013 One night exhibition “Mantle 3th,” Mantle, Tokyo
2016 Talk event ”Tokyo University of the Arts Graduation Works Exhibitions,” The University Art Museum, Tokyo University of the Arts, Tokyo

【SYMPOSIUM 】
17th September 2016, The Society for the Study of Image & Gender November 2016 “Representation of the Pregnant Body—To Whom Does the Body Belong?,”  Musashi University, Tokyo
27th October 2016, Public Talk “The Future Mother -Think about pregnant love doll” Mika Kan with Mari Kotani, Hiyoshi Campus, Keio University, Kanagawa

【AWARDS】
2014 Yoshino Gypsum Art Foundation, Stipend, Japan
2016 Japan Arts Scholarship, Japan Arts Foundation

【COLLECTION】

Pigozzi Collection

【BIBLIOGRAPHY】
THE WINDOW OF ARTS, No.393, June 2016, p27
Monthly Art Magazine Bijutsu Techo, vol.68, no.1046, December 2016,p72

MEDIA
TV program, NHK E-tere “Dilemma in Japan” 26th June 2016, am 0:30-1:30